クリエイション・セオリー 戦略

は縁起がよいセガサミー日本カジノ - 379007

ベン・ブラシュク:まず初めに、セガサミークリエイションの新社長およびCEOへの就任おめでとうございます。会社の方向性にとってこれは何を意味するのでしょうか? スコット・ウィンゼラー: そうですね、簡単に背景をお話しすると、セガサミークリエイションは、数年前に専門的にカジノゲームにアプローチするために設立されたセガサミーホールディングスの子会社になります。 約2年前にネバダ州でライセンスを付与され、その時にその米国事業を主導する役割で私が加わりました。以前、日本外でセガサミークリエイションを運営していた方はこのようなアプローチを取っていました。「カジノゲーミングに新しくてユニークなものを持ち込もう。私たちはアーケードの世界、そしてPlayStationで素晴らしい経験を得てきた。何か新しくてユニークなものを新たに取り入れられるかやってみよう」。これは、優れたコンセプトでした。彼らはマカオで、シックボー 大小 のマルチプレイヤーステーションをリリ ースしました。これは非常に大きなことで、大胆なアプローチでした。そしてそのマシンはよくできていました。彼らは台のマシンを設置し、良かった点としては、一切メンテナンスやサービスの問題のようなものがなかったことです。つまり、セガサミーグループはこれまでパチンコであれ何であれ、何百万もの箱を作ってきたので、エンジニアリングについては確実に熟練のレベルだったということです。 残念ながらそれらは単に、市場がそのマルチプレイヤーステーションに求めていたものにはヒットしませんでした。 だから私は当初米国市場だけを担当する立場だったにもかかわらず、上層部は「カジノゲーミングに関して本物の経験を持つ人間を入れることがゲーム開発の仕事に刺激を与えられるはずだ」と考えたために、私が3月にその役割を引き受けることになりました。

2015年01月01日

ギャンブル依存症を生む 公認ギャンブルをなくす会 【なくそう!ギャンブル被害】 「公認賭博」の抑制を求め、ギャンブル被害をなくすよう活動するものです。

2019年12月23日

ギャンブル依存症を生む 公認ギャンブルをなくす会 【なくそう!ギャンブル被害】 「公認賭博」の抑制を求め、ギャンブル被害をなくすよう活動するものです。

2020年01月31日

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。 jp 企業プレスリリース詳細へ PRTIMESトップへ。 未来の科学者との対話18 第18回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集。 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本。 このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細については プライバシーポリシー ページをご覧ください。

55·56·57·58·59·60·61

ディスカッション