戦略

プレゼントラオスカジノ 戦略

プレゼントラオスカジノ - 845100

ラオス北部の街ルアンナムターをバスで出発して、1時間ほど山中を走ったろうか。「雲南」と漢字で書かれたナンバープレートをつけたトラックが目立つようになってきた。道路標識もラオ語に英語と中国語が併記されている。  やがて中国資本と思われる工場や商店が増え始め、中国からの物資を満載した大型トラックがあふれるようになり、漢字がラオ語を圧倒していく。  国境まではまだ20キロほど手前なのに、中国は完全にラオスを侵食しているのだった。貿易のトラック運転手たちが利用する施設が点在し、いくつもの街を形成しているが、もちろん中国人の経営だ。ゲストハウス、雑貨屋、ランドリー、保険会社、金貸し、修理工、ガソリンスタンド……さまざまな店が並ぶが、ラオス人の姿はわずかばかりだ。  国境まで5キロほどの場所には、ラオス側の税関が設置されているが、ここはトラックが集まる巨大ターミナルのようになっていた。税関のチェックを受けたトラックが、続々とラオスに走っていく。その先にはベトナムもあるし、年に開通した橋を越えればタイだ。インドシナ半島と中国の結節点であるこの国境は、まさに物流の道として機能していた。

1·2·3·4·5·6