カジノ法案という“増税策” マネーゲーム

最小限にしながら勝カナダのカジノ - 18623

政府IR推進本部資料が示す都道府県(政令市)および立地市町村の協議・同意・議決のタイミング ・申請主体(都道府県・政令市):IR区域整備計画の国への認定申請の前(議決) ・立地市町村:実施方針の策定・公表の前(協議・同意),IR事業者の公募・選定の前(協議),IR区域整備計画の作成時(協議・同意),IR区域整備計画の国への認定申請の前(協議・同意) ・都道府県と立地市町村の協議は、協議会が設置される場合 ・立地市町村の同意は、首長の同意であるが、条例でその議会の議決事項にすることも可能。

長崎県(申請主体)、佐世保市(立地市町村)

国会を言論の府であるとする建前からすれば、もっともな批判だ。  とはいえ、与党が3分の2以上の議席を占め、与党外からも賛成にまわる勢力(維新の会)が合流している以上、どんな手順で議論を進めたところで、採決の結果は動かない。与党側が、審議を尽くしたという外形を整えるために、それなりの審議時間を費やしたのだとしても、結果として法案が変更なしに可決されるのであれば、実質的に何が変わるわけでもない。 Powered by リゾーム? パチンコに対してギャンブル依存症を生むから規制せよという声はあまりあがりません。カジノの場合はすぐにその声が上がる。そこにはカジノアレルギーのようなものが有る気がします。振りかざしやすいモラルを感じていい気持ちがしません。 私の住む沖縄では、パチンコ業界の売り上げが億とも億とも言われる。観光以外に大きな産業の無い沖縄で、県の年間予算の半分を軽く上回るこの大金はどこから来るのか?先祖伝来の土地を切り売りしているとしか思えません。 パチンコについてはご指摘のように欺瞞的な脱法賭博であることは大いに問題ですが、最大の問題はそれが多くの貧乏人から金を巻上げる3流賭博である点です。このことがもたらす害悪は図り知れません。カジノの客層はパチンコよりは裕福な人たちが多い。チップを買える最低換金額でコントロールできるからです。お金持ちから金を巻上げるカジノのほうがレベルの高い賭博と思います。カジノができれば、パチンコの客層のうち裕福な人たちがカジノに流れ、パチンコは衰退すると思いますので、良いことだと思います。

53·54·55·56·57·58·59

ディスカッション