リゾートワールドセントーサへ行く前に!カジノやホテル、アクセスなどをチェック。 マネーゲーム

比較リゾートワールドセントーサカジノ - 173016

シンガポールにある二ヶ所のカジノのうち、サンズは行ったことがあるので今回はセントーサ島のカジノに行きました。 島はエンターテイメントの雰囲気です。 カジノもマカオなどと違う雰囲気です。 飲み物も無料で。

シンガポールのカジノ 基本情報

マリーナベイサンズと比べて日本人観光客の知名度が低いものの、RWSにはなんとあの ユニバーサルスタジオ があります。 また、先日なんとユニバーサルスタジオシンガポール内に 任天堂ランドが誕生 すると発表!

産経デジタルサービス

中でも、シンガポールにある東南アジア最大の統合型リゾート、「リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)」は、東南アジア唯一の「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)」や、世界最大級の海洋水族園「マリンライフ・パーク」、高級スパESPAのアジア旗艦店「ESPA at Resorts World Sentosa」、総客室数1,室の6つのホテル、一度に12,名まで収容できる総合会議施設やミーティング用施設、カジノなども備えており、大人から子供まで、ビジネスからレジャーまで様々な目的で活用できる「統合型リゾート」として注目を浴びている。 東南アジア唯一の「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」や、世界最大級の海洋水族園「マリンライフ・パーク」、高級スパESPAのアジア旗艦店「ESPA at Resorts World Sentosa」、総客室数1,室の6つのホテル、一度に12,名まで収容できる総合会議施設やミーティング用施設、カジノなども備える。 もちろん、子供連れや若年層向けのコンテンツばかりではない。例えば、高級スパESPAのアジア旗艦店「ESPA at Resorts World Sentosa」は都会の喧騒から離れた大自然の中でトリートメントを受けることができる。大人のリゾートライフにぴったりな施設だ。 All Rights Reserved。

シンガポールのカジノ

アジアで第2位の市場規模を誇るシンガポールですが、実はシンガポール国内のカジノ施設は年2月にセントーサ島北部にオープンした Resorts World Sentosa(リゾート・ワールド・セントーサ) と、同年6月にオープンし、新たなシンガポールのランドマークとして人気を博す Marina Bay Sands(マリーナ・ベイ・サンズ) の 2箇所のみ となっています。 シンガポール国内にある5頭のマーライオンの中でも1番の大きさを誇る『マーライオンタワー』で有名なセントーサ島に、年2月にオープンした複合リゾートで、リゾート内には『Universal Studios Singapore(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)』や世界最大の水族館『SEA Aquarium』、イルカと触れ合える『Dolphin Island』等の数多くの魅力的なエンターテイメント施設が併設されています。その他6つの宿泊施設、カジノ、ショッピングエリア等を有し、シンガポールの新たな観光名所として注目を集めています! リゾート・ワールド・セントーサのカジノは全室スイートの『Crockfords Tower Hotel(クロックフォード・タワーホテル)』の地下1階に位置し、15,㎡の広大なフロア内には以上の様々なゲームテーブルや、スロットマシーン、ゲーミングマシーンが用意されています。ミニマムベットは比較的低く、初心者の方でも気軽にプレイできるため、観光客の姿も多くみられます。 そんなマリーナ・ベイ・サンズのカジノは、ホテルと道路を挟んで反対側にあるショッピングエリア『The Shoppes at Marina Bay Sands』内にあります。フロアは4つの階毎に分かれており、1,2階は平場と呼ばれ一般の方用、3,4階はVIPフロアとなっています。総敷地面積は15,㎡でその中に以上のゲームテーブル、2,台以上のスロットゲーム・ゲーミングマシーンが設置されています。ただしポーカーテーブル(パイゴーポーカー等のポーカーをベースとしたゲームを除く)はないのでご注意を。 シンガポールのカジノでは、入場の際に 身分証による年齢確認が必ず実施される ので、パスポートやIDをお忘れなく。

257·258·259·260·261·262·263

ディスカッション