【2020年版】日本語対応のオペレーター、ライブカジノハウスのレビュー マネーゲーム

ランドカジノアイウォレットスロット - 592039

ネットカジノに賭ける資金はどうやって やりとりすればいいのかが丸わかり!

送金手数料無料!世界主要6通貨に対応

ラスベガスやマカオで盛んなカジノ。その場で実際に店を構えて施設内でプレイできるカジノを「ランドカジノ」と呼びますが、現段階で日本にランドカジノはありません。 しかし、カジノ合法国のライセンスを取得しているオンラインカジノであれば、日本でもプレイすることができます! 日本でプレイする海外のオンラインカジノは、合法でも違法でもありません。 海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊ぶ以上は、日本の法律で取り締まるのは難しいというのが当サイトの見解です。 オンラインカジノの運営は海外が行っているため、基盤は英語で成り立っています。 しかし、最近は日本語対応のサイト、そしてメールやチャットでの日本語サポートが増えているため、英語の知識の有無にかかわらず楽しむことができます。 オンラインで海外のサイトとやりとりするうえで、個人情報を提供することに不安を覚える人もいるでしょう。 オンラインカジノサイトに匿名でアカウント作成することは可能です。 しかし、匿名で登録した場合、入出金の際に本人確認の書類提出を求められるため、プレイで勝ったとしても出金することはできません。 どうしても個人情報を提供することに抵抗がある人は、本人確認が必須とされない決済方法【仮想通貨】を決済方法に選ぶことも1つの手段です。 仮想通貨に対応しているカジノサイト「ビットカジノ」でも、疑わしい入出金やゲーム履歴等の不審な動きがある場合、本人確認の書類提出が必要となるので注意しましょう。

カジノスロットプチ事故

カジノアカウント入出金手段

アイウォレットは年に設立された比較的新しい企業が運営していますが、対応しているオンラインカジノの数も続々と増えてきています。 Neteller(ネッテラー)がギャンブル目的とした決済サービスに利用できなくなってから(年9月15日~)対応するオンラインカジノが増え、今ではオンラインカジノユーザーに広く普及しています。 また、 アイウォレットカードはマスターカード なので、世界国以上の国や地域で利用することができます。 ICチップ付カードでセキュリティが高く安心。紛失・盗難時のサポート体制も万全ですので、マスターカード加盟店でのショッピングや旅行にも使うことができます。 口座は開設はとても簡単。身分証明書を提出する必要がなく、メールアドレスといくつかの基本情報を入力するだけでアイウォレットを利用することができます。 ただし、スタンダード会員は利用金額に制限があります。 上限額の制限を解除したい場合には、身分証を提出すればエグゼクティブ会員にアップグレードも可能です。 個人の場合は、 送金しても送金を受け取っても手数料は一切無料! 銀行の振込手数料、中継手数料は掛かりますが、 アイウォレットの手数料は一切掛かりません 。 また世界主要の6通貨【JPY、USD、EUR、HKD、SGD、GBP】にすべて対応。海外とのやり取りが多くなる場面においてとても便利です。

高セキュリティで安全かつ簡単に口座開設できる!

RSS TOP TOP Bitcoin.

108·109·110·111·112·113·114

ディスカッション