: 第1回あなたの知らない「IRの世界」 マネーゲーム

ベット戦略船上カジノ - 958173

ブラックジャックは、トランプを利用したゲームの一つである。世界のほとんどのカジノで人気が高い。カードの合計点数が21点を超えることなく、プレイヤーがディーラーよりできるだけ高い点数を得ることを競う。バカラやおいちょカブと似たスタイルのカジノゲームの一種。 wikipediaより。

代表的なカジノゲーム

明けましておめでとうございます。 何と、前回の投稿が一昨年の年賀状という酷い状況で、久々の更新です。

ベット戦略船上カジノ - 813693

豪華客船といえばやはりカジノ!

resocasi さんのツイート。 コメント( 0)。 ZAAMDAMというHOLLAND AMERICA社のトンの船です。チェックインも問題なく乗船できました。 部屋はUp Gradeしてベランダつきのミニスイーツです。荷解きを終え、定められた避難訓練をこなすと、よりPoker Cruise主催のWelcome Party 兼説明会が開催されました。ここで、うれしいニュースをききました。スポンサーからあらたな賞金が出て、人中位まで入ると賞金が出るというものです。ここで、ちょっと戦略を変えようときめました。当初は賞金は18位までだと思っていたので、前半に一か八かをやろうと思っていたのですが、通常通りロックで行くことにしました。 Party終了後、メインレストランで一回目の夕食です。ドレスコードがカジュアルなのでそのままいきました。アメリカの食事としては充分満足のいけるものでした。隣のテーブルをみると、なんと世界チャンピオンのスコッティー ニューオンがいるではありませんか。そして、周りを注意深く見ると、マン ニューオンやクリス ファーガソンもいます。そして、私の本の先生であるTJもいました。世界的大会なんだなと実感しました。 食事後ラウンジで飲んだ後、22時ころ大会のシーティングにいきました。今回の大会は一回戦を二つのグループにわけ、おのおの8ラウンドを戦い、三日目に残ったもの 90名位 で18位まできめ、四日目に決勝6位まできめて、五日目に決勝を行うというものです。当初は18位までインザマネーでした。 乗船二日目は船長主催のPartyなどがあるのでせわしく、2nd Seatingになることを祈っていたのですが、残念ながら1st Seatingの6番Table、Seat9を引き当てました。明日に備えて早く寝なければと思っていたのですが、興奮していたらしく 眠れません。結局、TOCのDVDを再度みて、二時ころ床につきました。 ZAAMDAMというHOLLAND AMERICA社のトンの船。 ポーカークルーズ3日目大会2日目 1st round 2  今日は大会出場はなくクルーズを楽しむ日。 朝食後、明日のセントマーチン島のオプショナルツァーを予約し、ポーカールームに様子を見に行く。TJやクリス ファーガソンを発見。張り出していた一日目の通過者リストに自分の名を発見。ちょっとうれしい。嫁がエステに行っている間に日記を書く。 サウナ・ジャグジーにいく。その後、カリビアン音楽のライブを聴きながらデッキで昼食。天候も南国の日差しに変わっていた。のんびり・のんびり ポーカールームに立ち寄ると、マイク セクトンが声をかけてくれた。私が初日を通過したことを知っていたようだ。ビデオにコメントをもらう。スコッティー・マイクの両ニューヨンがサイドゲームでチャイニーズをしていた。どうも2WILDのような気がするがまさかね。チップなしの札束を握りながらやっていたのでそっとはなれる。 夕方、Party Pokerのミーティング 改善意見を聞く会 に出て、夕食。ドレスコードはインフォーマル ジャケット要 だがカジュアルの人が多い。その後、船長主催のカクテルパーティーにでて、ホテルマネージャー 旅客責任者 や船医と話す。日本人はほとんど乗らないとのこと。 v 再びポーカールームに戻ると、二日目の入賞者が決まったところだった。 23時に第二ラウンドのシーティングが発表される。前回の優勝者のキャシー ランバートと一緒の8番テーブル8番席。彼女は以上もっている。私の10倍かとおもいつつ、八八の末広がりに期待をして寝ることにする。

まずはその驚きの事実を知る

外国船に乗ってカジノをしてみよう 豪華客船といえばカジノがつきものですよね。夜な夜な富豪たちが何百万も賭けているイメージがありますが、本物のカジノはもっとカジュアルです。大型の豪華客船にはほぼすべての船にといっていいほど、カジノが設置されています。実は日本船にも設置されており、プレイもできるのですが、勝っても現金や景品に交換することができません。 その点外国船ならカジノがオープンしている時はプレイも交換もできます。ただし、外国船であっても日本の領海を離れてからのオープンとなります。 日本で出来ない理由 日本船ではカジノができても現金や景品に交換することができません。また、日本国内でもカジノは違法となっています。これは何故でしょうか?カジノの禁止は日本の刑法に定められているもので、その主な理由が「働く意欲がなくなる」「治安悪化」というものです。 それでは、日本でポピュラーなパチンコや宝くじはどうなのかと言われると 「特別法」という法律のもとに実施されており、収益の一部を国民の福祉に寄付させて公共性を持たせています。パチンコなどは遊技機という建前なので、パチンコ店と客が直接に現金交換のやりとりはできず、パチンコ店の横などにある景品交換所を通じてワンクッションおいているのはそのためなのですね。 しかし現在のところ、カジノがない先進国は日本だけとなっています。東京でオリンピックの行われる年を目前に、どういった変化が見られるかも楽しみですね。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ラスベガスさながらの本格カジノスペースがあります。 海外ではほとんどの客船にカジノが併設されていることが多いのですが、このロイヤルカリビアンインターナショナルが提供しているクルーズ船もその一つ。 連日連夜、夜になれば賑わっています。このクルーズ船では、ブラックジャックやポーカー、バカラなどのカードゲームが盛んに行われていますし、その他にもルーレットやスロットマシンなども用意されています。 またクルーズ船ではドレスコード決まっていることが多く、夜の服装にはフォーマルやスマートカジュアル、カジュアルなどと ドレスコードが指定されている のです。ドレスコードは船内新聞で毎日案内してくれるので、それに合わせて服装を選ぶことが大切です。カジノエリアに関して18歳未満は立ち入り禁止となっていますので注意してください。 カジノオープン前の約15分でレッスンをすることがあり、経験豊富なディーラーが賭け金やチップの勝、手の合図などの基本的な戦略を押しててくれます。10人から12人ほどのグループですので、質問がある場合でも気軽に聞きやすい環境と言えるでしょう。 世界中のカジノで人気があるゲームを取りそろえているので、すでにカジノの知識がある玄人の方も十分楽しむことができます。 カジノエリアは 18歳未満の方は利用することができません 。またドレスコードに関しては船内ではカジュアルでも問題ないのですが、夜には指定されることもありますので、船内新聞などを確認しておくと安心です。

228·229·230·231·232·233·234

ディスカッション