カジノホテル、営業再開できてもアフターコロナの前途は多難 経験

オンラインを始めカジノホテル情報 - 291507

インターネット上には無数のオンラインカジノがあり、 オンラインカジノの数だけルールも特徴も様々 です。 「少し知識はあるから!」と、ただ闇雲にプレーして気が付いたら 利益どころか、手持ちのお金がなくなっていたということも。 せっかくオンラインカジノの魅力を知って これから楽しもうとしているのに台無しですよね。 運が物を言う世界ではありますが、どんなことでも 下調べや手法を練ることはとても大切です。

カジノのことをもっと知ろう!カジノコラム

ここの読者にとっても、現在閉鎖中のカジノホテルがいつ再オープンするのかは、大いなる関心事に違いない。  今週は、そんなカジノホテルの動きや当局が示す 営業再開のためのガイドライン 、そして 再開後に直面するであろう難題 などを取り上げてみたい。 一ヶ月ほど前まで多くのカジノホテルは営業再開日を5月1日に設定し、宿泊予約も受け付けていた。ところがその日をすぎた今になっても、まだどこも開業していない。  そして現時点では、祝日で3連休となる 5月23日 の週末を営業再開日としているホテルが多いようだが、はたしてあと2週間ほどで開業できるものなのか。  どう考えても単なる希望的観測のように思えてしまうので、ここでは開業日の話題はあえて避けることとし、話を当局が示すガイドラインなどに移したい。 先週、ネバダ州のカジノ業界に対して絶大なる権限を持つ Nevada Gaming Control Board は、カジノが営業を再開する際に守るべきガイドラインを発表した。労働組合をはじめ、利害が絡む各方面から修正を望む声が上がるなど、まだ最終的なものではないようだが、現時点における主な内容は以下のようになっている。  なお、このガイドラインは、規模に制限のないカジノの営業免許(日本流に表現するならば甲種免許)を持つ一般のカジノに対するものであり、乙種のカジノ免許(15台までのマシンゲームしか設置が許されていないカジノ免許)を持つコンビニやバーなどを対象としたものではない。 感染防止という目的において、これらのルールで十分に安全が保たれるのかどうかの議論に関しては医療分野の専門家に任せるとして、いま現場や関係各所で議論されているのは、このようなガイドラインにしたがって営業を再開した場合、はたして客が来るのかどうか、採算が取れるのかどうか、従業員は安心して仕事につけるのかどうかといった懸念だが、どう考えても人数制限などの厳しい条件付きの営業では 前途多難 と言わざるを得ない。 ナイトクラブもスイミングプールもない退屈なホテル、3人だけの盛り上がりに欠けるブラックジャック、大勢でワイワイ騒ぐことができないサイコロ消毒スタッフ付きのクラップス、4人だけで対戦する寂しいポーカー、消毒スタッフが巡回する1台おきにイスがないスロットマシン、人しか集まることができない寂れたコンベンション、などなど。  そんな楽しくないラスベガスに、今までのように多くの人が集まるのだろうか。集まらなければ採算が取れず、採算が取れなければ営業を再開する意味がないし続かない。

148·149·150·151·152·153·154

ディスカッション