横浜市の「カジノ誘致」騒動の虚しさ。どう見ても失敗するので、反対する気力すら起こらない。なぜか? チャンス

賭けポイント横浜にカジノ - 154823

このように、 収益構造で見れば「カジノのためにIRがある」というのが実情 であり、「カジノはIRの一部でしかない」と言うのはどう考えても無理があると言わざるを得ない。

バナー・ベラジョンカジノ

キーワード: 検索。

石田雅彦の最近の記事

こんにちは!Casimo編集長の笠原です。 今回は「 年ついに成立した、カジノ法案 」 について解説していきます。 カジノ法案とは、正式な名称を「Intergrated Resort推進関連法案」と呼び、IR法とも呼ばれています。IRとは統合型リゾートと言う意味で、 あくまで「リゾート施設に併設するカジノのみ」合法化する という法律です、。 そのため、 繁華街にある闇カジノや裏カジノは、違法のままになります 。 この記事では、 カジノ法案成立とその影響 、 今後の進め方 や 気になる候補地 などについて幅広く解説していきます。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

本連載では、年7月31日に公表された『特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ』(*1、以下「本取りまとめ」) のうち、事業者や地方公共団体の関心の高い論点について解説するものです。 筆者は、同委員会の委員ではありますが、本稿における意見は筆者の私見に留まるものであり、同委員会全体及び特定複合観光施設区域整備推進本部の見解ではないことに留意してください。 第5回目では、事業者の関心が高い論点の一つである「カジノ行為の規制」、すなわちカジノ施設で認められるゲーミングの種類について解説いたします。 IRゲーミング法制度 第45回「IR推進会議取りまとめ」ポイント~カジノ収益連動の賃料・報酬 IRゲーミング法制度 第44回「IR推進会議取りまとめ」ポイント~入場料の賦課 IRゲーミング法制度 第43回「IR推進会議取りまとめ」ポイント~カジノ施設規模の上限等設定 IRゲーミング法制度 第42回「IR推進会議取りまとめ」ポイント~入場回数の制限について。 また、附帯決議では、 「政府は、・・・法制上の措置を講じるに当たり、・・・射幸性の程度・・・副次的弊害の防止等の観点から、刑法の賭博に関する法制との整合性が図られるよう十分な検討を行うこと」(第2項)、「・・・各種規制等の検討に当たっては、諸外国におけるカジノ規制の現状等を十分踏まえるとともに、犯罪防止・治安維持、青少年の健全育成、依存症防止等の観点から問題を生じさせないよう、世界最高水準の厳格なカジノ営業規制を構築すること」(第11項)とされています。 米国ネバダ州では、1,種のゲームが認められており、シンガポールでは、マリーナ・ベイ・サンズに対し47種のゲームが、リゾート・ワールド・セントーサに対し39種のゲームが認められている。 なお、これらのゲームの中には、上記の代表的なゲームのほか、これらの派生型のものも多数含まれています。なお、米国ネバダ州では、スポーツベッティングが認められているが、シンガポールでは認められていません。

1 関連する推進法・附帯決議

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。

213·214·215·216·217·218·219

ディスカッション