ルーレットで絶対勝つ!超高確率で的中する98.48%法(2/3ベット法) チャンス

ルーレットの攻略ギャラクシーエンタカジノ - 47871

必勝法といっても今回ご紹介するものは 投資法(チップコントロール) と呼ばられるもので、 資金の管理やチップの賭け方を工夫するもの です。 連勝すると利益が出るものや1回の勝利で利益が出るものなど種類は様々 です。

98.48%法(2/3ベット法)の賭け方と実践例

GIGAZINE シークレットクラブって何? by amespiphoto そこでJarecki氏は仕事以外の時間をカジノルームで過ごし、ひたすらルーレットのテーブルに張り付いて何千回ものゲームを見届け、ボールが入ったポケットを手動で記録しました。これによってJarecki氏は統計的な異常値を発見し、特定のパターンでボールが入りやすいポケットを特定することに成功したそうです。 なお、ボールが入りやすいポケットを突き止めるというJarecki氏の発想は世界初のものではありません。過去には年代にカジノを荒らした Joseph Jagger 氏や、ラスベガスのルーレットに偏りを発見して大金を稼いだ Albert Hibbs 氏など、何人かの先駆者がいました。一方でJarecki氏はお金が目的でルーレットの攻略を行ったのではなく、あくまでも「完璧なシステムを構築して繰り返し試行することでルーレットを攻略する」ことに焦点を当てていたとのこと。 何カ月分ものデータ収集を行ったJarecki氏は、ドル 現在の価値で約9万円 ほどを持ってルーレットに挑戦。データから構築したシステムに従って賭けを行った結果、わずか数時間でドルをドル 現在の価値で約万円 ほどに増やすことに成功しました。 by Pictures of Money 年台の半ばにドイツの ハイデルベルク大学 で研究ポストを得たJarecki氏は、今度はヨーロッパの高級カジノをターゲットにルーレットの分析をスタートしました。ヨーロッパのルーレットはポケットの数が37個であり、38個のポケットがあるアメリカのルーレットよりもオッズがよく、賭け金のうちから徴収するカジノの取り分もアメリカのわずか半分だったとのこと。 Jarecki氏は妻のCarol氏と一緒にモナコ、フランス、ドイツなどヨーロッパ中のルーレットを探しだし、8人もの記録係を雇ってルーレットの試行と結果を蓄積していきました。時には1カ月あたり2万もの試行を記録したそうで、綿密な準備期間を経てJarecki氏はルーレットの法則を見つけ出していきました。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

56 2.

189·190·191·192·193·194·195

ディスカッション