パチンコ事業者のベガスベガスがベトナムに2店舗目のカジノオープンで日本のIRへの関心を示唆 チャンス

ゲーミングクラブ大阪のカジノ - 357968

お客様の楽しい時間を演出するプロフェッショナル達。 一人ひとりの気遣いが大きな感動を生む、 とてもやりがいのあるお仕事を一部ご紹介します!

カジノゲームで盛り上がろう!

高橋 秀之社長によると、ベガスベガスはベトナム全土で小規模カジノを「向こう5年で10店舗」オープンさせるという目標を掲げており、日本のカジノ解禁を見据えて、当地でノウハウと経験を蓄積していきたい考えだ。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。

最強のソフトウェアで構築!

関西経済同友会の古市健代表幹事(日本生命保険副会長)が毎日新 聞のインタビューに応じ、年、大阪・夢洲で開催する「 大阪・関西万博」について「世界各地で関連イベントを分散させ、 連携して同時に開催してはどうか」と提言した。26日に伝えた。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、社会の変化に対応した新し い万博の形を意識した発言。古市氏は、東京や仏パリ、 米ロサンゼルス、世界各地のリゾートなどでも万博の会場となる大 阪湾の人工島、夢洲とほぼ同じ体験が最先端の通信技術などを用い て味わえるようにする私案を示し「世界各地と同時に連携して行う 初めての万博にできる」と述べた。

5·6·7·8·9·10·11

ディスカッション